顔の印象を変えるほうれい線


老化やストレスが原因

ほうれい線は年齢を重ねるほど深くなってきますがこれはもともと顔にあるしわです。若いうちはそれほど目立ちませんが老化で頬の筋肉が緩んでくると皮膚がたれてきてほうれい線のしわが目立つようになってくるのです。これは老化が大きな原因ですがほかにストレスや喫煙、生活習慣の乱れなども影響してきます。そのため若い人でも出来る場合があり、早めにケアしないと元に戻せなくなってしまいます。症状が進むと顔の印象が変わり老け顔になってしまいます。

効果的なフェイシャルエステ

ほうれい線を解消するにはホームケアでのマッサージでは追いつかないこともあります。その場合はエステティックサロンなどでフェイシャルエステを受けて改善することもできます。フェイシャルエステはマッサージで頬や顎の筋肉をほぐして血行を促進し顔のたるみやむくみを解消します。これを行うことで二重あごをなくして小顔効果を生み出すこともできます。血行が良くなることで新陳代謝が活発になりコラーゲンの分泌も良くなり弾力のある肌が生まれます。

クリニックで行う治療

クリニックでフォトフェイシャルを行いほうれい線を解消することもできます。これは特殊な光線を皮膚に当てて肌のターンオーバーを促します。シワだけでなくシミやそばかすなども改善することができます。肌の若返り効果もありハリや潤い、美白なども実感できます。レーザーと違って肌を傷めることもなく安心できる治療と言えます。これは比較的軽い症状のほうれい線に効果的で、たるみがひどい場合は美容整形で改善する方法もあります。

しわの除去治療は薬剤の投与や皮膚移植などが一般的ですが、患者の体質に合わない方法で行うと却って肌を傷めてしまう可能性があります。安全なしわ除去を行うためには事前の検査が不可欠です。