歯並びの悩み治してみませんか


幼少期の治療が大切です

口元の印象はその人の印象を左右するくらい、相手にイメージを強く残します。会話をしたり大きな口を開けて笑うと、歯並びが悪かったり歯の黄ばみがあると清潔感を損なう印象になる場合があります。特に幼少期の歯並びの悪さはコンプレックスを抱きやすく、早期の治療が大切になります。成長過程での歯並び治療であれば比較的負担を掛けずに短い期間で治すことができます。治療法もさまざまありますが、矯正中におけるマイナス面を克服した治療が注目を浴びています。

治療に踏み出せない人がいます

歯並び矯正には一般的にワイヤー矯正を行います。本来の歯の位置に定まるようにワイヤーを使って歯列を整えていきます。その際に生じるマイナス面がいくつかあります。一つ目は痛みです。ワイヤーを装着したての時や交換をする際には、一週間ほど痛みや違和感が生じます。また、食事をする際の不自由さが気になる場合もあります。二つ目に見た目の悪さがあります。ワイヤーと歯を支えるブラケットは通常歯の表面に取り付けているため目立ちやすく、治療に踏み出せない事もあります。

マイナス面を考慮した治療が人気です

そこで開発されたのが目だたない歯の治療法です。歯の表面に取り付けていたワイヤーを歯の裏側に取り付ける技術が開発されたことで、見た目を気にせずに治療を受けることができます。また、今まで強く張っていたワイヤーが優しい力でも歯列矯正ができるようになったことで痛みが軽減し、短期間で慣れやすい治療法に生まれ変わっています。この治療は子供だけでなく大人を対象にした治療も増加し、職場で気づかれずに治療ができるなど、配慮された矯正法になっています。

オールセラミック由来の歯は本来生えている歯と同等の見た目のように形や色になっているので、一部をオールセラミックにしても差し歯としてわからない歯並びになります。