矯正歯科治療に関する考察


日本人の歯の問題点について

日本人の歯は現代大きな問題を抱えていると言わざるをえません。それは現代人の食生活に大きく起因します。日本人は昔と比べて、固い食品を食べなくなってしまいました。ハンバーグやパスタなど柔らかい食事を好んで食べることによって、顎が発達しなくなり歯が綺麗に生え揃わず、歪な歯並びになっています。出っ歯や受け口などはその代表的なものであると言えるでしょう。こうした歪で重なり合った歯は歯磨きしにくく、綺麗にクリーニングできません。そのことで虫歯を患う人も年々増加傾向にあります。

矯正歯科クリニックの活用

そのため少しでも歯並びが悪かったり、歪な生え方をしている場合は積極的に矯正歯科クリニックを活用すると良いと言えます。矯正歯科クリニックで治療すれば、どんな歪な歯並びも綺麗に治療してくれ、虫歯リスクを軽減することができます。クリニックでは様々な治療法を提案してくれます。歯の表面にワイヤーやブラケットを装着して微弱な圧力を加えて歯を動かす治療法、レーザーなどを用いる治療法、マウスピースなどを用いて歯を動かす治療法など様々存在します。

治療の利点と欠点について

歯の表面にワイヤーやブラケットをつけて治療するのは、矯正歯科治療で最も一般的な方法です。歯に効果的に圧力を加えやすく、治療時間も最短で済みます。しかし治療中の見た目の悪さがしばしば問題になります。治療中は自信をもって歯を見せて笑顔になれず、コンプレックスを抱える人も少なくありません。しかし最も定番の治療法で比較的費用が安い傾向にあります。また最近は透明のマウスピースを用いたインビザラインと言う治療法が人気です。透明のマウスピースの装着で治療するので人に治療がばれることがありません。また従来の治療法よりも安い傾向にあります。

荻窪での歯科は、通常の診察から審美歯科など歯の健康から美までトータルでケアすることができる歯科医院が多くあります。

杉並区のインプラントで探す